福田紀彦オフィシャルサイト

福田紀彦オフィシャルサイト

文字サイズ

初めての答弁。”民間交番”条例

我が会派から提案した、通称”民間交番設置推進条例”が、本日の本会議に上程をされ審議入りしました。まず、我が会派の「安全・安心まちづくりプロジェク トチーム」の座長である江田実議員が提案説明を行い、その後、神奈川ネットワークからの質問・質疑(答弁は吉田大成政調会長と私)、討論と進み、そのまま 採決という展開になりました。  結果は、残念ながら賛成は提出会派である私たちのみで、否決されました。  それにしても、提案説明から質疑にいたるまで、ヤジは凄まじいものがありました。議員提案条例のため、写真のように通常の議席位置の他に、行政の座って いる側に特設の机と椅子がならべられ、議員席と相対峙して答弁者(私ほか3名)が座るのですが、ヤジが良く聞こえるなんてもんじゃありません。 はぁー、これじゃいつもヤジを浴びせられている松沢知事もたまらんなぁーと変なことも考えたりして・・・。  議員提案条例は県議会において2年ぶりなのですが、なにせ神奈川県政史上数えるほどしか議員提案条例案が存在しないのですから。106名の議員でこれま でこの位置からの光景を眺めた人は数える程しかいないのではないでしょうか。  自民党からは質問もなく、いきなり条例案に対する反対討論だったのですが、その内容は”だったら質問して下さいよ”と思うようなものばかりで正直残念で ありました。  そもそも、議員の仕事は行政のチェックであり、条例を提出するのは議員の仕事ではないと批判しているベテラン議員達(複数名)には、正直どこから説明し たらよいのか迷いますけどね(笑)。  今回は否決されましたが、逆に、これから更に第2、第3の条例を提案していくぞ!という気持ちを新たにしました。質疑を県議会のホームページでご覧にな れますので、ぜひこちらのページの12月12日議員提出議案、提案、質疑、討論、採決をクリックしてみて下さい。

バックナンバー

プライバシーポリシー | サイトマップ

TOP

福田紀彦