福田紀彦オフィシャルサイト

福田紀彦オフィシャルサイト

文字サイズ

再発見プロジェクト第3弾 三崎港

神奈川再発見プロジェクト(地産地消)の旅、第3弾は予告通り、三浦市の三崎港へ行ってきました。 当日は、台風接近のため、かなりの雨でしたが予定より4名少ない16名で出発しました。  7時過ぎに事務所を出発。途中サービスエリアでトイレ休憩をとって、9時前には市場に到着。早速、三浦の観光ボランティアで、昔はマグロ船の漁労長であった方に、マグロの入札の仕方や、三崎の遠洋漁業についてなど様々なご説明を頂き、大変勉強になりました。  マイナス60℃まで凍ったマグロが並べられたその数400本!今日は少なかったそうです。60キロぐらいから140キロ位までのマグロがずらりと並んだ光景は圧巻でした。  その後、雨のため農園行きを中止して、マグロの加工工場や、マグロを凍らせておくマイナス60℃の冷蔵庫の中を体験させてもらいました。  マイナス20℃というのは、どこか遊園地?だったかで体験したことがあるのですが、さすがにマイナス60℃は想像を絶する寒さ?痛さ?でした。瞬間的に鼻毛が凍ってしまって、凄いですよ!!!  参加された皆さんもマグロよりもマイナス60℃が衝撃的だったようです。昼食は各人自由行動で、好きなところで、好き人たちとマグロづくしを堪能しました。  いやぁー、神奈川って本当に面白い!計画者によると、来月は、シイタケ狩り?とこんにゃく作り体験とのことです。今回の三崎港の様子は、後日HPにビデオクリップとしてアップします。

バックナンバー

プライバシーポリシー | サイトマップ

TOP

福田紀彦